• オードブルの特徴とは

    • オードブルはフランス語で、「作品の外」という意味です。

      築地にある寿司の情報ならお任せください。

      要するにフルコースの中のメインディッシュを一つの作品と考えた時に、オードブルはその作品外であり、メインディッシュを大いに楽しんでもらうために、提供するものなのです。


      食前酒などと趣旨は同じで、消化器官を活性化させ、食欲を増殖させるためのものです。

      神楽坂の鉄板焼き関連情報を紹介しています。

      日本でオードブルと言えば、立食形式のパーティーなどで、飲み物を手にしていても、空いている片手で「ちょっとつまんでいただくもの」であったり、お酒の席で大皿に取り分けやすいものを盛り付けているものを指すことが多く、それだけで完結するものを指すことが多くなります。
      アメリカなども、それに近しいものです。しかし世界の中では「前菜」のような扱いに近いものをオードブルと呼ぶことが多く、日本においてもフルコースの場合には、その意味で使われています。

      鉄板焼きの東京情報サイトをご利用下さい。

      イタリアでは、アンティパストがこれに相当し、チーズやハムを使ったマリネが多く出されます。ロシアではニシンなどの魚と肉類の燻製や塩漬けとともに、野菜の酢漬け、パテやカナッペなどで構成されるザクースキが、これに似た位置づけになります。
      いずれも塩味や酸味が強く、お酒とともに出されます。
      これによって食欲が増し、消化器官の活性化によって、楽しく食事をすることができるようになっています。
      古くから行われている「食事の構成」は、大変理にかなっているものです。

      スカイツリーのレストランの評判が高いです。

      オードブルの在り方もまた、理にかなっています。


      日本においてのオードブルは、大皿料理に近い扱いになりますので、仕出し屋と言われる業種が注文を受けて届けることが多く見られました。
      近頃ではチェーン展開しているお弁当屋の業界も、自前のネットワークや商品提供のノウハウを生かし、オードブルの開発や提供を行っています。
      オードブルは一つの皿に盛り付けるべき品数も多く、また消費者のニーズも和風、洋風、中華、和洋中折衷を多種多様で、そろえる最良も多く、手間もかかります。ともすれば単価が高くなってしまいがちです。


      しかしもともと幅広いメニューに対応している弁当業界であれば、安定した価格でオードブルを提供できるだけのノウハウがあります。

      小牧のうなぎの情報はココで集まります。

      それと同じく、ファミリーレストランといった外食産業も、オードブルを提供するのに必要なノウハウは持っています。

      地域密着型であるコンビニエンスストアーも同様です。

      http://news.livedoor.com/article/detail/7831872/

      これらは積極的に、参入に乗り出しました。

      http://smany.jp/9251

      よく利用している人からは「期待を裏切らない味」で、しかも手軽でリーズナブルな値段が魅力となります。

      http://www.excite.co.jp/News/release/20160627/Dreamnews_0000134293.html

      しかしもっと高級感がある味を提供しなければならない場面もあります。
      そういった時には、名がある料亭やレストラン、ホテル、また仕出し屋から取り寄せるのが無難と考えるものですが、冷凍や冷蔵技術の向上によって、お取り寄せも安心してできるようになりました。消費者の「どこまで望むか」といったその時その時のニーズに応えることができる業者を選べるようになっています。

  • 関連リンク

    • オードブルが選べる時代

      一昔前までは、オードブルは地域密着型の仕出し屋が請け負っていました。提供する料理も様々で、家で結婚式やお葬式、様々な祝い事、神社や公民館でもお祭りの酒席などを行う時代でしたから、それにマッチしたお料理を、幅広く提供していました。...

    • オードブルを味わって頂く

      オードブルって本当に必要なのと思うかもしれません。作る側にすれば、小さいものをたくさん作るというのは手間のかかるものです。...